子連れ旅行の前にチェック

現地でのSIMカード購入やWi-fiレンタルが不安な場合、イモトのWiFi海外レンタルを事前に手配すると便利で安心。

イモトのWiFi海外レンタルの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

現地のオプショナルツアーはVELTRAを事前にチェック。何歳から参加できるか、チャイルドシートの手配をしてくれるか、オプショナルによって異なるので事前に確認しておくと現地で慌てなくてすみます。

現地オプショナルツアーVELTRAの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

お得なディスカウントチケットチェックはVoyaginをチェック。安いチケットをお得にゲットして、浮いたお金は現地で美味しい食事に!

お得なチケットサイトVoyaginの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

子連れ旅行中の食事も楽しく過ごしたい!ランチ中心の旅行へ♪

子連れ旅行のコツと失敗

せっかく海外旅行に行くんだから、子供連れだって食事も楽しみたい!!
その国の名物料理も食べたいし、美味しいレストランにも行きたい!きっと誰もがそう思うはずです。

我が家ももちろんそうです!
ある程度下調べして、有名なレストランや名物料理なんかをチェックしてから旅行に行きます。

けれども、子供連れでレストランとか入って大丈夫かな?と考えてしまう人もいるかと思います。
我が家も実はレストランで失敗したことがあります。
そんな経験から我が家の旅行中の食事は、ランチを中心にスケジュールを考えて動いています。
(子連れはランチが常識!とすでに多くの方に認知されているかもしれませんが、我が家のスタイルを。)

 

スポンサーリンク

1.我が家の失敗談

息子が5か月の時、ドバイ旅行へ。
インドでは牛肉がほとんど食べられないので、2泊3日の弾丸ステーキツアーと称して楽しみに計画立てていきました。

その頃はまだ子供連れの海外旅行に慣れておらず、夫婦二人の時の旅行と同じようなスケジュールで動いていました。日本人だと食事のメインって夕食に持ってくることが多いと思いますが、私たちもメインの食事を夕食に計画立てていきました。

ちょっと高級そうなレストランだけど、何とかなるよね?と軽い気持ちでエクスペディアの上位に入っていたステーキレストランを予約して。。

まず、レストランに入って驚いたのが、、、全く子連れに合わないムーディーな雰囲気
ワインボトルがずらーーーっと並べられた店内、薄暗いけど、青光りするようなオシャンティーな感じ。(死語。笑)

我が家は普段着に毛が生えたような格好(これでも少しはおしゃれにしていったつもり。。)でいきましたが、西洋人がカクテルドレスを着て男性にエスコートされて入店されている、そんなお店でした。

いちを予約時に、子連れで行きますがokですか?と確認して、問題ないよーとメールで返信をもらってたので大丈夫かと思ってましたがほんと全くの場違い。(ドバイは子供連れではNGのお店もあります!)

ベビーカーで入店しましたが、オシャンティーなテーブルとイスが邪魔をして、ベビーカーを引きながら席に着くのもやっと。

スヤスヤ寝てた息子、料理が運ばれてきたタイミングで起きる&ギャン泣き。(子連れあるある)
普段ならお風呂を入れて寝かしつける時間帯。。授乳できる雰囲気でもないので、ミルクであやすも落ち着いた雰囲気じゃないからかなかなか泣き止まない。涙

結局高級ステーキ、食べましたが、肉の味も覚えておらず、わさわさしたままお店を出てきました。
そのとき、子供連れでのディナーは難しいかもね、と学びました。

 

それから我が家は私たちが旅行中に食べたい物、行きたいレストランはランチに行くようにシフト
子供が泣いたりすると、焦ってしまうもの。ディナー中に泣かれると、私は息子の睡眠時間や通常のルーティンを奪っているようで罪悪感に駆られて楽しめないので、ランチをゆっくり楽しく過ごすほうが気分が楽になり、結局旅行中の食事の満足度もあがりました

 

スポンサーリンク

2.ランチ中心のスケジュールイメージ

食事のスケジュールを事前に考える際、食べたい物をまず考えて、行きたいレストランがランチ営業かきちんと確認することからスタートです。
外国なら、事前にメールなどで予約もできるならしたほうがいいと思います。
(予約をすると、そこの予定は変えずらいので、自動的に他の予定もなんとなく組めるようになります。)

 

朝ごはんをしっかり→13時頃の遅めのランチ→夕食軽く(旦那さんはおつまみ&ワイン等、私はテイクアウトで買ったものなんかをつまむ程度)

 

朝ごはんを軽く→早めのランチ→夕食はホテルでルームサービス、もしくは夕方サクッとカフェや簡単に済ませられそうなところで食べる

 

我が家は旅行中、だいたーいこんなスケジュールで動いています。

 

スポンサーリンク

3.ランチ中心のメリット

・お風呂時間や寝かしつけ等の時間をできるだけ一定にでき子供に負担がかからない

・お店の雰囲気が明るいことが多い

・ランチセットなどお得なこともある

・ゆっくり過ごせる

・昼からアルコールで優越感(お酒を飲む方向け)

 

 

子供のお風呂時間や寝かしつけなんかを無視してディナーに出かけて泣かれると、申し訳ない気持ちに。。ただでさえ時差等で子供には旅行中負担がかかっているので、夜くらいはゆっくりさせてあげることが出来るし、こちらも落ち着いて過ごせます。

 

また、体験談のドバイのレストランは分かりませんが、ディナーは高級な雰囲気でもランチは明るめに営業しているお店も結構ありますし、子供が少し騒いでも昼間のほうが寛容な気がします。(例えば海外の高級和食のお店なんかもランチはお手頃ランチ営業で子連れもウェルカム!夜は接待などで使われるけどね、というような場所もあります。)また、ランチセットもあったりしてお得に食べられることも!

 

日本だとお昼からお酒を飲む機会はそこまで多くないかもしれませんが、外国だと昼間からお酒を飲んでいる方は意外と多く、(特にヨーロッパなんかはビジネスミーティングでもワインを飲んでたり♪)旦那様がお酒を飲まれる方やお酒が好きな方はお昼から少し飲むのもありですね。海外に来ている&昼間からお酒を飲める優越感に浸れます。(授乳中などの方は自己責任で。。また、優越感に浸りすぎて飲みすぎ注意です!子供連れなのに子供をケアできないくらい飲んでしまったら危険です!!)

 

スポンサーリンク

4.ランチ中心にした場合のディナー

ランチを中心にした場合の我が家のディナーですが、

・ルームサービスをお願いする

・テイクアウトをしてホテルで食べる

・17時等早い時間にサクッと食べる

・ホテル内のレストランでサクッと食べる

ランチの時間によって、我が家はこんな感じで過ごしています。

 

スポンサーリンク

5.ポイント

・ホテルにルームサービスがあるか?

・ホテルのそばに夕食が買えるようなところがあるか?

・お部屋で夕食を食べてもむなしくならないお部屋の雰囲気か?

・メリハリをつけて計画を立てること

 

子供を寝かしつけてからご飯になる場合もあるかと思いますが、お部屋が狭いと子供を起こさないようにお部屋を真っ暗にして、ご飯を食べる羽目に。。
せっかくの旅行中なのに、普段の生活よりみじめなディナーになるのは避けたいですね。。
リビングのあるお部屋もしくは、広めできちんとイス&テーブルがあるお部屋を予約することをオススメします。

 

また、せっかく旅行にきているのに毎日毎日ホテルの部屋で夕食というのも味気ないもの。
この日はディナーもレストランで!と決めてスケジュールを組むのも手ですね。
例えば、予約を17時というように早めの時間に予約したり(外国の場合、ディナースタートが遅い場合もありますので、要注意です。)ディナーを外でがっつり食べる日は午前中ゆっくりにして、子供に負担がかからないようにする等の工夫を。

 

前回のスペイン、ポルトガル旅行の時は、きちんとしたレストランのディナーオープンが19時とか20時で、とても子供連れでは行けなかったので、ランチを中心、もしくはずっと開いているバルを17時頃からはしごして19時までにはホテルに戻る、というようなスケジュールで動いていました。
(ヨーロッパはディナーが遅い国も多いので、早い時間に営業していても人が少なく、このレストランは人気がないのでは!?と不安になることも。笑 そんなときは子供連れで少し騒いでも気にしなくて済む、とポジティブに楽しみましょう!笑)

スペインポルトガルの記事↓
http://travelwithkids.site/2018/12/30/%e3%80%90%e6%97%85%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%81%a8%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%91%e3%82%b9/
 

こちらの記事がこれから子供連れで旅行を考えている方のご参考になれば嬉しいです。