子連れ旅行の前にチェック

現地でのSIMカード購入やWi-fiレンタルが不安な場合、イモトのWiFi海外レンタルを事前に手配すると便利で安心。

イモトのWiFi海外レンタルの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

現地のオプショナルツアーはVELTRAを事前にチェック。何歳から参加できるか、チャイルドシートの手配をしてくれるか、オプショナルによって異なるので事前に確認しておくと現地で慌てなくてすみます。

現地オプショナルツアーVELTRAの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

お得なディスカウントチケットチェックはVoyaginをチェック。安いチケットをお得にゲットして、浮いたお金は現地で美味しい食事に!

お得なチケットサイトVoyaginの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

1歳6ヵ月シンガポール旅行 旅行中に実際に行ったプレイエリア紹介

シンガポール旅行


販売から35年!子供用の馬のバランスボール【ロディオンラインショップ】

子連れで旅行中、私たち親は観光や買い物などなどやりたいこともいっぱいあるかと思いますが、まだ買い物や観光に興味のない年齢の子供にとっては、観光や買い物だけだと退屈しますよね。
子供に優しい国、シンガポールには室内、室外の子供用プレイエリアが多くあります。

今回の旅行中、息子といくつかのプレイエリアにいってみたので紹介します!

スポンサーリンク

1.マリーナベイサンズのデジタルライトキャンバス(DIGITAL LIGHT CANVAS)

いまやシンガポールの観光名所のマリーナベイサンズ、そのショッピング棟に子供が喜ぶ遊び場があります。
デジタルライトキャンバス(DIGITAL LIGHT CANVAS)というデジタル画像が床に映し出されていて、その上を歩くとデジタル画像が動くというとてもユニークな、子供が好きそうな小さなアトラクション!!

画像はいろんな種類があるのですが、例えば、床に魚がゆらゆらと泳いでいるデジタル画像があって、その上を子供たちが走り回ると、魚が子供を避けるようにわーっと散る、というようなイメージです。子供たちはそれが嬉しくて、魚を追いかけまわっていました。
また、デジタルライトキャンバスの上にはLEDを大量に使用した大きな光の彫刻という名のシャンデリア(のようなもの、デジタルシャンデリア?)があって、息子含む子供たちは寝っ転がってそのシャンデリアを眺めてました。

このデジタルライトキャンバスはマリーナベイサンズのショッピング棟の地下2階、Rasapura Masters food hall(フードコート)の前にあります。

こちらは有料施設で、1人5シンガポールドル(最大1時間まで)です。
6歳以下の子供は保護者と一緒に入らなくては行けませんが、2歳以下の子供はチケットなしで入場できます。(言い換えると3歳以上はチケットが必要です。)(年齢証明が必要な場合があります。)

ウェブサイトによると、金曜夜と土曜日は混雑が予想されるので、日曜~木曜に行くことをオススメしています。
今回は平日の火曜日夕方に行きましたが、混雑はなく、子供が20人程度+保護者で程よい感じでした♪
フードコートや、その周りにあるスターバックスでもこちらのデジタルライトを見ることはできます。お子さんが大きい場合、親はカフェやフードコートでお茶をしながら子供が遊ぶのを見守ることもできます。

オープン時間:
日-木:11:30am – 9pm
金&土&祝前日:11am – 10pm
入場料:5シンガポールドル
※チケットは地下2階のリテールコンシェルジュカウンターにて購入できます。https://jp.marinabaysands.com/entertainment/digital-light-canvas.html
マリーナベイサンズデジタルライト

マリーナベイサンズ デジタルライトキャンバス

マリーナベイサンズ デジタルライトキャンバス

マリーナベイサンズ デジタルライトキャンバス(魚が子供をよけている図)

マリーナベイサンズ デジタルライトキャンバス

マリーナベイサンズ デジタルライトキャンバス(ごろっとしてる息子)

 

スポンサーリンク

2.観光地で水遊び Gardens by the bay FAR EAST ORGANIZATION CHILDREN’S GARDEN (ガーデンズバイザベイ ファーイーストオーガナイゼーション チルドレンズガーデン)

シンガポールの観光地でこれまた有名な植物園、ガーデンズバイザベイ(Gardens by the bay)
マリーナベイサンズの裏側にあり、マリーナベイサンズ観光とセットで訪れる方も多いのではないでしょうか。
あの近未来のアバターのような世界観がとても好きで、シンガポール在住時には何度も足を運んでいました。

クラウドフォレストと、フラワードーム、スカイウェイは有料ですが、それ以外の植物園エリアは無料なのでお子様を連れてのお散歩にももってこいの場所です♪
そんなガーデンズバイザベイにも子供が大喜びする施設が。それがCHILDREN’S GARDENです。

ここには、プレイエリアや砂場等野外プレイエリアがいくつかあるのですが、ここに来られる方々の一番のメインは、水遊び(ウォーターパーク)エリアです!!!

幼児用(1歳~5歳)のミニウォーターエリア&プレイエリア
子供用(6歳~12歳)のウォーターエリア&レインフォレストツリーハウス

※幼児用プレイエリア横にCHILDREN’S GARDEN CAFÉがあり、お水や軽食が購入可能です。

ウォーターパークオススメポイント

・ライフガードが多くいてきちんと監視しててくれる(機能している)
・子供用と幼児用エリアがきちんと分かれている
・保護者のベンチエリアがある(イベント等の催しが開催されている場合あり。)
・子供用シャワーエリアあり

ウォーターパークでまず驚いたのが、ライフガードが多くいて、きちんと注意や監視をしていたこと。
6歳以上の子供用のウォーターエリアがすごく魅力的すぎて、幼児用のミニウォーターエリアに大きな子が入ってくることはあまりなかってですが、小さい子が6歳以上の子供用のウォーターエリアに入ろうとすると、すぐに止められていました。
我が息子も私の目を盗んで、大きい子用のウォーターエリアに何度も行こうとして私やライフガードに何度も阻止されてしょんぼりと。
また、幼児用のミニウォーターエリアの水がちょろちょろ出てくる石像なんかに登ろうとしている子は注意されていました。
何が言いたいかといいますと、、きちんとこうやって目を光らせてくれるのは親としては本当にありがたい。ということです。
シンガポールは大好きな国ですが、いい意味でゆるいところもあるので、少し心配でしたが問題なかったです。

また、日陰の保護者用のベンチエリア(催事エリア)があり、私が行ったときにはそこで親は休憩しながら、子供たちを遠くで眺めている感じでした。
息子の年齢的には全く目が離せないのでずっと張り付いていましたが、大きなお子さんがいる方にとってはこういったスペースも便利だなーと。

子供用のシャワーも室内?プレハブ?にきちんと用意されていて、観光の途中で寄る行程にすることも可能です♪(水着等の荷物は必要ですが。。)

※野外のため、雷時には利用できません。
※ガーデンズバイザベイは敷地内が広く、なかにタクシーは付けられないので、歩くのが苦手な子供の場合、ベビーカーがあったほうがいいです。

今回ミニウォーターエリア、プレイエリアともに、ベビーカーを邪魔にならないスペースに停めて、ベビーカーに荷物を置いてその横で着替えさせたり、ベビーカーを陣地のようにして利用しました。

オープン時間:
火-金:10:00am – 7:00pm(最終入場は6:30pm)
※ウォーターエリアは6:30pmにクローズします。
※月曜日はクローズ、月曜日が祝日の場合は火曜日がクローズ
土&日&祝日:9.00am – 9.00pm(最終入場は8:30pm)
※ウォーターエリアは8:30pmにクローズします。
入場料:無料
Far East Organization Children's Garden
Gardens by the Bay welcomes your little ones—with a big world of adventure at Far East Organization Children’s Garden. This is where kids can delight in water p...
Children's Garden

Children’s Garden(入口)

Children's Garden

Children’s Garden(幼児用ミニウォーターエリア)

Children's Garden

Children’s Garden(幼児用プレイエリア)

Children's Garden

Children’s Garden(子供用ウォーターエリア)

Children's Garden

Children’s Garden(子供用プレイエリア)

Children's Garden

Children’s Garden(カフェ)



英会話

スポンサーリンク

3.VIVO CITYのプレイエリア

MRTハーバーフロント駅に行く方の多くはセントーサ島に行く方かと思いますが、ハーバーフロント駅直結のVIVO CITYというショッピングモールにもプレイエリアがあります。

3階:SKY PARK(ウォーターエリア)

3階はセントーサ行きのモノレールの出ているフロアです。
屋外に出るとすぐに水が張っているのでわかるかと思いますが、無料のウォーターエリアが手前に、有料のペダルボートが奥にあります。
今回ウォーターエリアに行ったのですが、アトラクションがあるわけではなく、ペダルボートがメインで、子供が親と水遊びが少しできる程度だったので少し拍子抜け。結局入りませんでした。
有料のペダルボートは、3歳~12歳までで尚且つ体重が45kg以下、身長が1.4m以下のお子様が利用できるペダルボート(10分8シンガポールドル、15分12シンガポールドル)と、親子で乗れるペダルボートがあるようです。(私たちは利用しなかったので、HPより確認しました。)

VIVO CITY

VIVO CITY(奥に見えるのが有料ペダルボートエリア)

VIVO CITY

VIVO CITY(水遊びスペース)

2階:Play Court

2階には無料の野外プレイエリアがあります。
今回行ったのが土曜日ということもあって、すごーく混雑していました。いちを年齢推奨は各エリアに書いてあるものの、監視する方がいないので、大きい子と小さい子が入り混じって少し危なく感じました。
ただ、大小トランポリンや、デコボコした坂、小さい子用のトンネル等が野外スペースいっぱいに広がっているので、息子はとても楽しんでいて、帰りたがらないくらいでした。

冷房完備のきれいなキッズルームがあり、おむつ交換や授乳室もありました。

ハーバーフロントからセントーサ島に行く場合、セントーサ島を満喫してハーバーフロント駅に再び戻ってくるときには、お子さんは疲れ果ててるかもしれませんが、子供が遊びたりない場合や、セントーサ島に宿泊していて、島外観光をする際、VIVO CITYのプレイエリアはオススメです。

VIVO2階プレイエリア

VIVO CITY 2階プレイエリア

VIVO2階プレイエリア

VIVO CITY 2階プレイエリア

VIVO2階プレイエリア

VIVO CITY 2階プレイエリア

VIVO2階プレイエリア

VIVO CITY 2階プレイエリア

VIVO2階プレイエリア

VIVO CITY 2階キッズルーム

 

スポンサーリンク

4.パラゴンのプレイエリア

オーチャードの中心にあるパラゴンショッピングモールの5階に、小さいですが無料のプレイエリアがあります。
わざわざプレイエリアのためにパラゴンに来る、ということはないと思いますが、6階のトイザらスへの連絡エスカレーターのすぐ横にあるのでお買い物ついでオススメです!
小さい子用のプレイエリアなので、大きい子が走り回っているということもあまりなく、ちょっと遊ばせるのにちょうどいいサイズ感とキレイな雰囲気です。土日はそれでも混雑しますが。。
パラゴンと連絡通路で繋がっているアスコットオーチャード宿泊の我が家には重宝しました。室内というのも常夏シンガポールではありがたいです。

パラゴンキッズエリア

パラゴンキッズエリア

以上簡単ですが、旅行中に行ってみたプレイエリアの簡単なレビューでした。
ご参考になれば嬉しいです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>