子連れ旅行の前にチェック

現地でのSIMカード購入やWi-fiレンタルが不安な場合、イモトのWiFi海外レンタルを事前に手配すると便利で安心。

イモトのWiFi海外レンタルの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

現地のオプショナルツアーはVELTRAを事前にチェック。何歳から参加できるか、チャイルドシートの手配をしてくれるか、オプショナルによって異なるので事前に確認しておくと現地で慌てなくてすみます。

現地オプショナルツアーVELTRAの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

お得なディスカウントチケットチェックはVoyaginをチェック。安いチケットをお得にゲットして、浮いたお金は現地で美味しい食事に!

お得なチケットサイトVoyaginの公式サイトをチェックしてみる>> 

 

 

1歳11ヵ月子連れパース 子連れ旅行を楽しむコツ&元オーストラリア在住者としてのオススメ品

1歳子連れパース 旅行のコツ 子連れ旅行のコツと失敗

今回の1歳11ヵ月の息子を連れてのパース旅行で感じた、パースを楽しむコツ、元オーストラリア在住者としてのオススメのものをお伝えします。

Sai
Sai

Saiはオーストラリアのシドニー、タスマニア、ハミルトン島に合計で2年間住んでたんだ!!

この記事は、これからパースに子連れで旅行に行く方、それ以外の国でも子連れ旅行を検討されている方に読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

1.1歳子連れパース旅行のコツ

1.1スワンリバーの見える部屋

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ
パースといえばスワンリバー

パースで朝から晩まで主日観光、部屋で過ごす時間は寝るときだけ、というならば話は別ですが、ゆっくりとホテルでゆっくりしたいのであれば、スワンリバーが見えるお部屋を指定すべきです!!

お部屋から見えるスワンリバーはとにかくキレイで、朝、昼間、夕刻と色が変わる川の景色をお部屋から見ることが出来るのは贅沢で何とも言えない優雅な気持ちになります。

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ

特にホテル滞在の長くなる子連れの方や、ホテル滞在を楽しみたい方!!はパースは先進国にしてはホテル代が安いので、少し奮発してでもスワンリバー指定する価値ありです!

ちなみに今回フレイザースイーツでキッチン付きの1ベッドルーム、リバービューで、1泊18,000円程度(1部屋、朝食なし)でした。この金額でお部屋の広さは55㎡、これはなかなか安いかと!!

1.2自炊が出来るホテル

今回、フレイザースイーツに宿泊しましたが、キッチン付きで自炊が出来てとても助かりました。

1歳11ヵ月の息子はもう離乳食ではないけれど、外で食べられるものが少ないので、お部屋でご飯を炊いておにぎりや簡単な料理を何度も作りました。(外食は野菜が摂れるかも心配だったので。。)

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ

大人の私たちも大好きなラムチョップを何度も焼いて堪能♪

普通にWoolworth(スーパー)で売っているラムチョップを塩、コショウ、ローズマリーパウダーで焼くだけで感動レベルの味!そして、リーズナブルなオーストラリアワインとセットで楽しめばさらに感動はアップです♪

他にもオージービーフやチーズも買って晩酌。外食とは違ったオーストラリアライフ?が楽しめます!

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ

また、オーストラリアは物価が高く、食事代だけでも結構な額に。
カフェで食べるハンバーガーが15-20ドル、キッズメニューも10ドル程度しますので、飲み物を入れると1回の外食でも70-90ドル(5,000円~6,000円)くらいということも結構ありました。

お部屋での料理を取り入れることで、好きな物が食べられますし節約にもなりますね。

1.3バスをうまく使う(市内無料)

パースの市内にはFree Transit Zoneという無料区間があり、その区間のバスは無料で乗り降りできます。
市内の端っこにあるフレイザースイーツから、パース駅、更にはパースの観光のシンボル、キングスパークの少し先まで無料で乗り降り可能です。

無料区間とわかってからは、ちょっとの距離でもバスを利用して、疲労削減!体力温存に努めました!

ホテルの多いエリアから、キングスパークへは935番、空港―市内間は380番(こちらは有料)のバスにて行くことが出来て、それも便利でした♪

1.4砂場グッズなどの子供グッズ

1歳子連れパース プレイエリア キングスパーク

パースには砂場があるプレイエリアがいくつもありました。

これはパースに限らないですが、砂場好きなお子さんがいる家庭は、捨ててもいいくらいの砂場グッズを持って行ってあげると子供は大喜びかな、と思いました。今回は持って行かなかったので、次回以降は必ず持っていきたいアイテムです。

また、子供グッズとしては、帽子やサングラス、お水ぴちゃぴちゃゾーンがあるプレイエリアもあるので、水遊び用おむつも必須アイテムです。

1.5カード社会

オーストラリアはカード社会です。
今回キャッシュを使ったのは、往復の空港―市内間のバス代のみ。
パース市内の交通機関はスマートライダーという日本のスイカのようなものがあるのですが、スマートライダーは空港では買えないので、ここは絶対にキャッシュが必要です。(また、スマートライダーはカード代として10ドルかかるので短期旅行者には向かないです。)

それ以外はお水、電車、食品、フェリー含めすべてカードにて決済しました。

もし、空港―市内間をバスではなくタクシーにて行き、尚且つバスは無料区間のみ利用する場合、正直キャッシュはいらないです。

大きな額を両替しないでも安心して過ごせます。

1.6土日夜、朝早くはIGA

土日の夕方以降、朝早めの時間帯はIGA(オーストラリアで有名なスーパーマーケットの1つ)へ。

なぜならば!パースは土日はお店が閉まるのが早いのです!!

今回我が家は土曜日の夕方にホテル到着でしたが、知っている大型スーパー(Woolworth、Coles)は土日は17時までのところばかり。

当日はお水はコンビニで買えるかもしれないけれど、大したものは買えないかな。。と想定していました。
しかし!パースに到着して、街をぶらぶらしているときに発見!!そう!IGAがありました!!

IGAはオーストラリアのスーパーチェーンの1つで、Woolworth、Colesよりも少し安めのものが多い印象のスーパーです。ここで息子用のジュレやお菓子、次の日の朝食などを購入できました。

もし、土日の夕方や朝早くに買い物がしたい場合、IGAが便利!です。

スポンサーリンク

2.1歳子連れパース旅行 我が家の自炊事情

今回朝食と夕食はホテルのキッチンでほぼ自炊しました。

2.1 自炊用に購入したもの

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ
1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ
1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ

  • 塩、コショウ(ちょっとよさげのもの)
  • ローズマリー(ラムチョップ用)
  • バター(パン用、炒め物などの油用)
  • クリーム(クリームパスタ、リゾット用)
  • 他日々の食材(お肉、野菜、フルーツ、パスタ、パン等など)

お米は、ホテルにあったシャンパングラスで測りました。
1杯1合くらい。お水は1合に対し、1杯半くらい。
沸騰させてから、弱火で10分、火を切って10分。美味しくできます!

バターはパン用、油用としても利用でき、一石二鳥。

フレイザースイーツはお皿等毎日洗ってくれるので自炊もラクチンでした。

スポンサーリンク

3.1歳子連れパース旅行 個人的オススメ商品

  • オーストラリアの名物お土産TimTam
  • Lemon Crisp (レモンサンド)
  • チーズ
  • チーズをのせる軽いクラッカー

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ
オーストラリアの名物のお菓子と言えばTimTamが日本でもおなじみですね。オリジナル、いろんなフレーバーが出ていますが個人的にはダークチョコとホワイトチョコが美味しくてオススメです。
TimTamは両端をかじって、TimTamをストローにしてコーヒーを飲むのがオージー風、苦いコーヒーとあまーいTimTamがハマります。

また、TimTamと同じメーカーが出しているLemon Crisp(レモンサンド)は一度は試してほしい!お菓子です。軽めのクラッカーと甘酸っぱいレモンのクリームが絶妙でハマること間違いなしです。

節約家はWoolworth、Colesを両方チェックすると、どちらかが安くなっていることも!

オーストラリアはチーズも種類が多いですね!子供はクリームチーズタイプの6Pチーズがお気に入りで朝食に何度も食べました。大人の私たちはブルーチーズ、カマンベールチーズ系など滞在中にワインのお供に。ぜひ味わってもらいたいです。

1歳子連れパース 子連れ滞在 コツ

これはハルミチーズを焼いてサラダに乗っけたもの。

チーズを乗っけるクラッカーも種類が豊富なのが嬉しいオーストラリア。リッツとかとは違う、軽いライスクラッカーの種類が豊富にあっておいしいのです。おつまみにも、お土産にも。ぜひスーパーで探してもらいたいアイテムです。

以上子連れパース滞在のコツでした。パース旅行が楽しいものになりますように!